2005年06月22日

ワールドユース、日本0−1でモロッコに敗退!!

ワールドユース/日本、ロスタイムの失点でベスト8入りならず
   
「1点の大きさを痛感した」カレン・ロバート

「世界との差は勝負の部分」平山相太

「悔しい気持ちしかない」水野晃樹

「最初からこういうサッカーをしたかった」家長昭博

「自信をつけることもできなかった」兵藤慎剛

「世界は甘くない」梶山陽平

「最後の粘り強さが足りなかった」増嶋竜也

「一遜だけ集中を切らした」柳楽智和

残念ですがいい経験になったのではないでしょうか。
「厳しさ」を知らなければ強くなれません。

フランスW杯予選で監督解任・プレーオフ、本戦で3連敗という「厳しさ」を知って中田英寿は強くなりました。

今の代表選手はワールドユースで準優勝、シドニーオリンピックでベスト8、予選免除のW杯でトーナメント進出と実力以上の結果を出してきた事で「厳しさ」を経験できなかった。

これが中田との『危機感』の違いになっていると思います。

今回結果を得られないかわりに最高の経験を手に入れました。
きっと彼らは大きく成長してくれると信じています。
この悔しさを忘れずに南アフリカでは現代表・アテネ組を押しのけてピッチに立ってほしいです。

人気blogランキングへ
posted by ぼぼ at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4535352