2005年06月07日

中田英、王様の気配り…中村、子供の対応!!

累積警告のため8日の北朝鮮戦に出場できない中田英寿(フィオレンティーナ)と中村俊輔(レッジーナ)の評価が、天と地ほどに別れている。

バンコク入りしてからの中田英の活躍ぶりには、頭が下がるほどだ。一人ひとりに指示を出し、控え組の仕事でもあるホペイロ(用具係)役もこなし、荷物の運搬を手伝う姿もあった。先発に全くお呼びがかからないFW大黒将志に水のペットボトルを手渡して話し込む姿があれば、北朝鮮戦の先発出場が有力視されながら控えに回った三浦淳宏(神戸)の両肩を抱いて談笑する姿もあった。

 三浦は「試合の入り方を話しただけだよ」と言ったが、控え組に入った王様の気配りは、チームの空気を和らげている。

 対して中村は、昨日まで2日間の練習を欠席した。公式発表は「腰痛による別メニュー。ホテルのプールでリハビリ」というものだったが、日本協会の川淵三郎キャプテンも「部屋の中にいるより、出てきた方がいいんだ。その辺りが、ヒデとの差なんだよ」と漏らした。

 中村は確かに、疲労性の腰痛という持病がある。イタリア・セリエAでの激戦からジーコジャパンに合流した疲れもある。だが、連戦の疲れはどの選手も同じ。ジーコ監督も「選手は今が一番キツイ時」と話し、姿さえみせない中村に疑問の声が出るのも当然だろう。

 バーレーン戦のイエローカードも、中田英のそれは不可解な判定だったが、中村の遅延行為は、PK欲しさにシミュレーションをとられた三都主(浦和)同様、褒められるプレーではなかった。試合中も、小笠原の決勝弾を生んだヒールパスこそ見事だったが、それ以外は見るべきプレーが少なく、川淵キャプテンも試合後、「走れていない。機能していなかった」と評価は低かった。

 レッジーナのフォティ会長は6日、「中村はクラブから高い評価を受けているが、ここにとどまることはないだろう」と語った。スペインやドイツのクラブが中村の獲得に関心を示しているとも伝えられるが、中田英でさえ苦しんでいる欧州市場にあって、中村は一皮むけなくてはならない時期にきている(夕刊フジ)

*この記事をそのまま鵜呑みにするのはどうかと思いますが(本当に腰が痛くて出られないのかもしれないし・・・)

 ただ、試合直後のインタビューでは2人の『差』を感じました。

 「自分は出られないが誰が出ても変わらないレベルにある、チームをサポートしていきたい」とチーム・チームメイトのことを考えた発言をした中田に対して、「(主審の判定に)意味がわかんない、生まれて初めてあんなので笛を吹かれた・・・」と自分のミスの言い訳に終始した中村、この『差』は大きいと思います。

人気blogランキングへ
posted by ぼぼ at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4196714

運命の一戦!!「日本VS北朝鮮」を前に・・・
Excerpt: 6月8日(水)17:35(現地時間)=19:35(日本時間) 会場:スパチャラサイ競技場(バンコク) 日本代表、3大会連続のワールドカップ出場なるか。3日のバーレーン戦をアウエーで勝利した日..
Weblog: かうんせりんぐ公園ブログ
Tracked: 2005-06-08 10:39

W杯出場おめでとう!!「日本代表」
Excerpt: サッカーの06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会出場に王手をかけていた日本は8日、北朝鮮を2―0(前半0―0)で降し、勝ち点3を加えて通算4勝1敗、勝ち点12としてB組2位以内が決定、上位2位以内に与..
Weblog: かうんせりんぐ公園ブログ
Tracked: 2005-06-09 07:45